進 化 す る 公 立 中 高 一 貫 校 !  図 形・理 科 、そ し て 素 早 く 資 料 の 読 み 取 る ! 最 先 端 の 教 育 を 受 け よ う !

サイフロ受検直前の転塾。ラスト1ヶ月の逆転合格を目指そう。

  • 2020年12月10日
  • 2020年12月10日
  • 勉強法
  • 203view
  • 0件

横浜市立サイエンスフロンティア高校付属中学受検をお考えの保護者の皆様、こんにちは。

サイフロ受検本番まで1ヶ月半となりました。6年生は追い込みの時期です。

意外ですが、この時期に駆け込みで転塾してくる生徒も少なからずいます。

そのほとんどが、大手塾でいわゆる「お客様」になってしまい、志望校と現在の自分の偏差値が大きくかけ離れてしまい、

一念発起で逆転合格をねらうお子様ですね。

また、現在通っている塾が、サイフロに特化したカリキュラムになっておらず、不安を拭いきれないという受検生本人、お父様、お母様もいらっしゃいます。

言うまでもなく一発勝負のサイフロ受検ですから、一縷の望みを託す大冒険も必要になります。

サイフロ受検でなくても、ほとんどの中学受験生は、受験を志す時、無難な選択肢として、大手塾に入塾すると思います。

しかし、大手塾のカリキュラムに従い、高偏差値の志望校に合格するのは、ほんの一握りです。

主体性を持ち、自らが綿密な学習計画を立てられるお子様でしたら、大手塾のカリキュラムに向いているでしょう。

しかし、残りの大多数は、どこかで躓き、カリキュラムについていけなくなります。

それでも、大手塾の集団授業は進んで行くわけですから、分からない範囲がどんどん肥大してゆくのは必至です。

そして、遅れを感じている受験生が、今やらなければならないことは、躓いた部分に逆戻りをして、穴を埋めてゆく作業です。

サイフロ受検は、知識にたよらない、読解力と応用力が合否を左右しますので、カリキュラムを前にすすめることよりも、今不足している部分が何かを知り、

徹底した演習を行うことが必要となります。

私たち東京進学セミナーでは、大手塾に躓いた生徒を積極的に受け入れるようにしています。

そして、どこで躓き、志望校の過去問と照らし合わせ、今やらなければならない穴埋めを優先して指導していきます。

お子様の個性に寄り添い、志望校合格までの最短距離を設定し、伴走者として共に走っていきます。

まだ、遅くはありません。確かに厳しい道ではありますが、ラスト1ヶ月で、逆転合格に導く可能性はまだ残っています。

さぁ、しっかり対策を行い、
サイフロ合格を勝ち取ろう!


受験相談・無料体験授業 今すぐお電話ください。