進 化 す る 公 立 中 高 一 貫 校 !  図 形・理 科 、そ し て 素 早 く 資 料 の 読 み 取 る ! 最 先 端 の 教 育 を 受 け よ う !
CATEGORY

科学

  • 2019年12月24日
  • 2020年7月15日
  • 0件

ナスカの地上絵とAI

横浜サイエンスフロンティア中学受験生のみなさん、こんにちは。 横浜サイエンスフロンティア中学受験対策セミナーです。 今日は ” ナスカの地上絵 ” の謎にせまりたいと思います。 ナスカの地上絵とは、南米ペルーにある、地面に描かれた巨大な絵のことです。 これを、誰が何のために描いたのか、現在においても謎であり、色々な仮説があります。 これまでに見つかった地上絵は、ほとんどが幾 […]

  • 2019年12月20日
  • 2020年7月15日
  • 0件

身の回りの光る生物

横浜サイエンスフロンティア中学受験生のみなさん、こんにちは。 横浜サイエンスフロンティア中学受験対策セミナーです。 今日は身の回りの ” 光る生物 ” についてまとめました。 光る生物というと、まず思いつくのはホタルでしょう。 ホタルは成虫の時に光り、成虫になっても光るのはその一部です。 また、水中の生き物もよく光ります。 アンコウの仲間は、体の一部を光らせて、疑似餌として […]

  • 2019年11月14日
  • 2019年11月15日
  • 0件

衛星の衛星は存在するのか?

横浜サイエンスフロンティア中学受験のみなさん、こんにちは。 サイフロセミナー 講師の山田です。 今日は、衛星の衛星は存在するのか?について、確認してみたいと思います。 まずは、ある星のまわりを他の星が回る仕組みについて考えていきます。 自宅でもできる!衛星が回る仕組み 広い台の上で、円盤型の強力な磁石の横にパチンコ玉を転がしてみましょう。 まっすぐに転がっていた玉は軌道を変え、磁石に引き寄せられて […]

  • 2019年11月13日
  • 2019年11月15日
  • 0件

ゼロという数字

0(ゼロ)はインド人によって使われたとされています。 しかし、最初は数字ではなく、その位に「 数がない 」ということを示す記号だったそうです。 空白にするよりもなにか置いたほうがいいという理由でしょう。 このゼロは16世紀初めになってやっと正式な数とされました。 そして、重要な意味を持つようになったのです。 しかし、このゼロはいまだに人間の感性にはマッチしないようです。 1世紀が100年であること […]

  • 2019年11月4日
  • 2019年11月9日
  • 0件

人類の脳の発達

人類の脳はその進化とともに大きくなっています。 脳の大きさと「頭の良さ」はある程度関係があります。 「ヒト」の脳は直立2歩行により両手が使えるようになり、発達したとよく言われますが、それは正確ではありません。 直立歩行のあと、450万年ほどは大して発展はしていないのです。 旧石器時代の初期の頃でもまだ小さく、500ccほどだったそうです。 脳が発達する条件としてはいくつか説がありますが、肉食が容易 […]

  • 2019年10月5日
  • 2019年11月9日
  • 0件

「天気の子」を科学してみよう

映画 「 天気の子 」 では異常気象が舞台となっています。 特に雲の描写が印象的なことでしょう。 今回は作品に登場する雲について説明していきます。 映画のポスターにあるアイロンを逆さにしたような不思議な形の雲は、金床(かなとこ)雲です。 ハンマーなどで作業する台に似ています。 これは積乱雲の発達したもので強力な雲です。 通常、積乱雲は”入道雲”とも呼ばれるように頭が丸く、全体がもこもこしています。 […]

  • 2019年10月2日
  • 2019年11月9日
  • 0件

大気のお話

地球の表面をとりまいている待機、私たちを含む生物にとって大切なものです。 現在では窒素が80%、酸素20パーセントです。 もしかしたら、もう地球レベルで測り直す必要があるかもしれませんが。 しかし、はるか昔、生物が誕生したころは、二酸化炭素が多く含まれていました。 やがて、地球に多くの水が貯えられ海ができて、二酸化炭素を吸収していきました。 さらに、その二酸化炭素を使って酸素を作ってくれる作業をし […]

  • 2019年10月1日
  • 2019年11月9日
  • 0件

ブラックホールの撮影

横浜サイエンスフロンティア中学受験のみなさん、こんにちは。 サイフロセミナー 講師の山田です。 今日は、ブラックホールの撮影成功についてお伝えしたいと思います。 と言っても、私たちが思うところの撮影とは異なるものです。 ブラックホールから地球に届いた電波を観測し、解析し、見えるように表現した状態です。 このために4日間分のデータを2年かけて解析したとのことです。 しかし、ブラックホールの存在が明ら […]

  • 2019年9月30日
  • 2019年11月9日
  • 0件

宇宙空間での生活

横浜サイエンスフロンティア中学受験のみなさん、こんにちは。 サイフロセミナー 講師の山田です。 今日は、ひとが宇宙空間でくらし続けるとどうなるのかの記録をみてみたいと思います。 2016年、国際ステーション(ISS)という施設で、340日間暮らしたという記録が作られました。 国際宇宙ステーションは宇宙空間の地中の軌道上にあって、ほぼ無重力の状態です。 その結果、無重力の状態での身体への影響について […]